絵本むすび

ちびっ子兄弟へ贈る絵本・児童書の読み聞かせブログ

絵本むすび

絵本『だるまさんが』幼稚園児も一緒に楽しめる赤ちゃん絵本

スポンサーリンク

赤ちゃん向け絵本界に颯爽と現れた新星「だるまさんが」。

大きなヒットが難しい絵本の世界にて、初版からわずか十数年でダブルミリオンを叩き出したのは伊達じゃありません。

本当に、す・ご・い・え・ほ・ん・だ!

 

  

絵本の紹介

日本人なら子供の頃に1度は遊んだであろう「だるまさんがころんだ」を絵本で楽しんでみませんか?

ルールは簡単、だるまさんと一緒にポーズを取るだけ。

さあ、ご一緒に、だ・る・ま・さ・ん・が……!?

 

 

誰もが知っている伝統的な遊びを元にした、わかりやすくてシンプルな構成。

「だ・る・ま・さ・ん・が」で左右に揺れる(四股を踏んでいる?)だるまさん、そして、お決まりの「ころんだっ!」ではなく、クスッと笑える決めポーズ!

 

絵本に出てくる動きは全て、座ったままでも立ったままでもOK、寝ながらでもOKで、ハイハイしている赤ちゃんでも、よちよち歩きの幼児でも、簡単に真似できます。

1~3歳頃って、自分で歩けるのが楽しい、走れるのが楽しい、ジャンプできるのが楽しい……自分の身体を自分の意志で的確に動かせるようになってきて、ただ動くだけでも嬉しい楽しい面白いっ、という特別なお年頃ですよね。

そんなお年頃の子供達、身体を一緒に動かして楽しめる絵本があれば、前のめりで食いつきます。

 

絵本のだるまさんと自分が同じ動きをしているのが面白い、という小さな子供の気持ちへぴったり寄り添う眼差し。

どんな身体の動きなら楽しいのか、誰でも楽しめる身体の動かし方とは何か、を考え抜いて練り上げた、だるまさんのアクション。

色使いは子供の注意を最も引く赤をメインにし、丸みを帯びただるまさんのシルエットは赤ちゃんの肌のようにほにゃりと柔らかな質感を感じさせる線で描かれていて、絵の中で伸びたり縮んだり変幻自在。

 

ページをめくる度に、表情とポーズを変えるだるまさんの愛くるしさとユーモア。

だるまなのに手足がある、なんて気にしないでくださいね。

子供が大好きな鉄板おならネタも盛り込み、最後はみんな釣られてニッコリしてしまう笑顔が待ってます。

 いやー、これはよくできた絵本ですね、そりゃ売れるわ!

 

 

以前、とある絵本雑誌を小児科でぱらぱら見ていたら、ミリオンセラーの絵本ランキング記事が掲載されていまして、名だたる名作絵本が並ぶ中に「だるまさんが」が上位に食い込んでいたんですよ(トップ10だったか、そのすぐ下くらいだったかな?)。

この少子化の時代、新顔の絵本がそこまで売れるとは、と非常に驚きました。

いや、絵本って、子供とその親を相手とする性質上、毎年購買層が入れ替わるじゃないですか。

子供が生まれる以上、常に新規の顧客を獲得できるというメリットはあるものの、子育てが終わってしまえば、ほとんどの人は絵本に関わる事がなく、情報を誰かと共有する事もなくなってしまうので、顧客としての持続性や連続性に欠けるのがデメリットではないでしょうか。

そうなると、昔からのコツコツ売り上げと知名度を積み上げてきた、いわゆる名作絵本が人気的にはどうしても強く、そこへ新しい絵本が人気上位へ食い込んでいくというのはとても難しい、と考えられる訳です。

でも、この「だるまさんが」は、初版からたった10年ちょっとで200万部以上売り上げて、赤ちゃん向け絵本の代表的作品の一つとして、のし上がった訳で……いくら、インターネットの情報化が進んで、今までとは状況が違ってきているとはいえ、これは生半可な作品にはできない事ですよ。

だるまさんがどれだけ子供の心を鷲掴みしたか、数字にもハッキリ表れてますよね。

 

作者のかがくいひろしさんは養護学校教諭として長年勤めていらした方で、絵本作家のデビューは50歳とかなり遅咲き。

しかし、初めて出した絵本がこの「だるまさんが」という驚異の新人だった訳です。

これだけの人気作になるとは、ご本人も出版社側も驚いたでしょうねえ。

教諭として生徒と真摯に向き合い、身体の動きや表現を通して、様々な発達や学びの現場を見てきた経験が存分に生かされた絵本作りを行い、「だるまさん」シリーズを含めた絵本16冊をわずか4年の間に生み出しているというのは、驚異的なスピードです。

残念極まりないのは、既に病により故人となっていらっしゃる事……そう、活動期間はたったの4年だったんですよね。

新進気鋭の絵本作家として、本来ならば子供に寄り添った素晴らしい絵本をもっと沢山世へ送り出すはずだったのにと思うと、非常に惜しまれてなりません。

でも、かがくいさんがどんな風に子供達と向き合ってきたかは、遺してくれた絵本を読めばわかります。

誰もを笑顔にしてしまうだるまさんのように、きっと素敵な先生だったんでしょうね。

 

 

だるまさんは3冊シリーズになっていて、セットで出産祝いやプレゼントにするのもオススメ。

他の2冊も、身体を使って遊ぶ楽しさに満ちている優れた絵本ですよ。

「だるまさんと」は人と触れ合う楽しさと喜び、「だるまさんの」は自分の身体の一部をクローズアップする面白さが特徴。

どれを選んでも損はありません、お好みで1冊手に取ってみてくださいね。

 

 

 

我が家の読み聞かせ

この絵本との出会いは、長男が1歳~3歳まで通っていた保育園。

仕事が終わって教室へお迎えに行くと、低年齢クラスでは保育士さんが丁度読み聞かせをしている時間で、「だるまさんが」を読んでいる事が多かったんです。

保育士さんと一緒になって声を張り上げながら読み上げ、だるまさんになりきって、ぶんぶん揺れるクラスの子供達の姿が可愛くて、見ているだけで最高に癒されました。

保育士さんが別の絵本を読もうとしても、「だるまさんをよんでー!」とリクエスト。

ページをめくる度にこぼれる満面の笑顔、全身を使って楽しんでいる子供達の姿を見て、こんなに愛される絵本ならばぜひ手元に置いておきたいと購入しました。

 

これは買って大正解、読んでいて心から楽しい素敵な絵本です。

息子達と何回読んで、何回一緒にだるまさんがころんだを楽しんだことか!

読む時は、私も息子達もポーズを取りながら一緒に読むのがお約束。

一緒になってセリフを読み上げながら、ぐらぐら揺れたり、ぺちゃんこになったり、飛び上がったり……最後に「にこっ」とする場面では、息子二人のほっぺをチョンチョンつついて、笑顔にするのもお約束です。

読み聞かせって、膝の上でおとなしく読むだけ聞くだけじゃないんですよね、

 

本来は1歳から3歳くらい向けですが、長男は7歳過ぎてもまだ私の元に持ってきて、読み聞かせでは一緒に笑いながらアクションをとります。

我が家にある絵本の中でも、最も息が長いんじゃないかな……なにしろ、1歳から読み始めて、7歳でもまだ読んでいるんですからね。

数ある赤ちゃん絵本の中でも、7歳になってまで読んでいるのはこれだけですよ。

だるまさんが多くの方々に愛されているのも、息子達の楽しみっぷりを見ていると、納得です。


 

まとめ

 今や赤ちゃん絵本の定番となりつつある「だるまさんが」。

絵本は、流行によって一時的な人気を獲得しても、時間の経過と共に淘汰されて、どの時代の子供にも愛される普遍性を持った作品だけが残っていく厳しい業界ですが、「だるまさんが」は出版されてから10年以上経つ今も人気に衰えは見えません。

次の10年、その次の10年、だるまさんには変わらず子供達に愛されながら、「どてっ」とずっこけていてほしいなあ~。

 

 

【作品情報】

  • 題 名  だるまさんが
  • 作 者  かがくいひろし
  • 出版社  ブロンズ新社
  • 出版年  2008年
  • 税込価格 935円
  • ページ数 24ページ
  • 我が家で主に読んでいた年齢 1~3歳(0歳からでもオススメ)