絵本むすび

ちびっ子兄弟へ贈る絵本・児童書の読み聞かせブログ

絵本むすび

絵本『じゃあじゃあびりびり』0歳児にお勧めのファーストブック

スポンサーリンク

赤ちゃんへ読み聞かせる、初めての絵本におすすめ!

ファーストブックの定番として有名な「じゃあじゃあびりびり」です。

この絵本は赤ちゃんの好きな要素がぎゅーっと詰めこんでありますよ。

 

  

絵本の紹介 

ページをめくれば、シンプルなイラストで描かれたのは水の蛇口や破れた紙。

読んでもらえば、じゃあじゃあ、びりびり、次から次へと不思議な音。

赤ちゃんと一緒に考えてみましょう、これは一体何だろうね??

 

 

最も月齢の低い赤ちゃん向けの絵本ですから、ストーリーはありません。

あるのは、これでもかと詰め込まれた赤ちゃん向けの工夫です。

 

まず、表紙デザインを構成する「色の三原色」でもある赤・青・黄色、これは子供が大好きな鉄板カラー!

子供向けロボットアニメでも、主人公側の機体は大体このカラーリングの組み合わせのイメージじゃないですか?

某ロボットアニメ「機動戦士ガンダ◯」では、スポンサー(おもちゃ会社)の指示により、主人公機はこの色の組み合わせに塗られたんだとか……。

赤ちゃんにとってわかりやすい色をまずは表紙でアピール!

ページを開けば、赤青黄色以外のハッキリ・クッキリした原色が楽しめます。

大人が好む渋いカラーやくすみカラーは、視力の弱い赤ちゃんにはボヤッとしてよくわかりません。

赤ちゃんにでも判別しやすい色となると、これがファーストブックにはベストなんですね。

 

 

 

 

出てくるのは犬や車、踏切など、赤ちゃんにとっては目につく身近な題材ばかり。

非常に明快でシンプルな絵で描かれています。

赤ちゃん向けの絵本を見慣れていないと、簡単過ぎると感じる方もいらっしゃるかも?

でも、重ね重ね申し上げれば、赤ちゃんの視力は激弱ですから、見やすさとわかりやすさが第一。

そして、大切な事ですが、赤ちゃんは目の前で見ている現実と、絵の中に描かれているモノが、同じ物を指している事すら知りません。

現実の車と絵本の車が、赤ちゃんの頭の中で「同じだ!」と繋がるのは、赤ちゃんが「動物」から「人間」へと踏み出す、知性における偉大なる第一歩!

この第一歩を踏み出す為にも、絵には必要最低限の形の要素のみを描き、わかりやすくなってるんですね。

 

 

更に、文章には、喃語のような真似しやすい言葉の繰り返しを多用。

「ばびぶべぼ」の濁音の強さ、「ぱぴぷぺぽ」の半濁音のヘンテコさなど、純粋な音の響きを楽しむのにもぴったりです。

まだうまく話せない乳幼児にとっては、面白い音を聞くだけでも、そして自分で音を出すだけでも愉快な遊び。

「ぶぶぶぶぶ」と唇を震わせてヨダレを飛ばすのが好きな赤ちゃんもいますし、「ぱっぱー!」と叫ぶのが好きな赤ちゃんもいますよね。

この絵本を読めば、いつもなんとなくやっていた音で遊ぶ行為を絵本で楽しめるんだ、と学習できる訳です。

 


こうやって書いてみると、色と絵と音が組み合わさる絵本の楽しさを最初に学ぶのに、ぴったりの1冊でしょう?

また、14cm四方の丈夫なボードブックなので、外出先に持ち歩きやすいサイズ感。

紙が分厚いから、1歳児でもめくりやすく、乾燥している時期に紙で指を切るなどの
怪我もしにくく、安心ですよ。

 

 

我が家の読み聞かせ

我が家では長男の初めての絵本として、生後3カ月頃にプレゼントしました。

最初は反応が薄い……というより皆無。

そりゃそうですよね、生後3ヶ月の時ですから、周りの事をそんな認識できるはずがないんですよ。

しかし、初めての育児で舞い上がっていた私は、「これは失敗したかな」と早々にプチ後悔。

正直申しますと、最初の頃は大人の私からすれば、一体この絵本の何が良いのかサッパリでして……だって、大人からしたら、「みず じゃあじゃあじゃあ」「かみ びりびりびりびり」とか当たり前過ぎる描写で、読み聞かせていても反応ないし、退屈退屈ー!

赤ちゃん向けなのはわかってるけど、これ本当に赤ちゃんに面白いの!?

 

 

 

 

私の勇み足を他所に、長男は月齢を重ね、1歳、2歳と成長するにつれて、こちらの絵本へどんどん興味を示すようになりました。

読み聞かせを何度も繰り返す事で、絵本とは何ぞやと学んだ長男。

同じものを指差してみたり、自分で声を出してみたり、私の読み聞かせを真似っこしてみたり、段々と行動がステップアップ!

2歳の頃に自分1人でめくって、全ページを声に出して読み上げている姿を見た時は、「おおおっ!」と感動しましたー。

この絵本のおかげで、子供の心と知能の発達が如実に見てとれるきっかけをもらえたんですよ。


そもそも赤ちゃんにとっては、世界の全てが未知のもの!

色が赤い青い、形が丸い四角い、言葉が「じゃあじゃあ」だけでも、充分に刺激的なんですよね。

そして、初めてだらけの赤ちゃんだった長男からすれば、私からぽんと人生初の絵本を渡されても、本人的には謎の物体扱いで、「ナニコレ??」とポカンとするのも当たり前。

絵本は心の成長を促すもの。

最初の反応だけで決めつけてはいけなかったんですよね。

気が早すぎた当時の自分を反省です。

 

まとめ

赤ちゃんにとって世界は全て「初めて」に溢れてる事、子供に大人と同じペースを求めてはいけない事、それを新米の母親だった私はこの絵本に教えてもらいました。

絵本は子供だけでなく、母親も育ててくれる、奥の深い存在なんですね。

私にとっては、何もかもが新鮮な喜びと驚きに満ちている赤ちゃんと一緒に世界を共有し、母親として成長していく面白さを教えてくれた思い出の1冊です。

 

ぜひ、ファーストブックをこれから読む方は、赤ちゃんと一緒にこの世界をもう一度ゆっくり楽しんでみてくださいね〜。

 

 

作品情報

  • 題 名  じゃあじゃあびりびり
  • 作 者  まついのりこ
  • 出版社  偕成社
  • 出版年  1983年
  • 税込価格 660円
  • ページ数 22ページ
  • 我が家で主に読んでいた年齢 0~2歳前半(早めに読んで成長を楽しむのが吉)