絵本むすび

ちびっ子兄弟へ贈る絵本・児童書の読み聞かせブログ

絵本むすび

絵本『ピッツァぼうや』ごっこ遊びで読み聞かせの楽しさアップ!

スポンサーリンク

ピッツァを愛する食いしん坊に読んで欲しい絵本、アメリカ生まれの「ピッツァぼうや」!

表紙の裏表いっぱいに描かれた満面の笑顔が素敵でしょう?

この絵本を読めば、きっとみんな同じように幸せいっぱい笑顔になれますよ。
 

 

絵本の紹介

雨が降ったせいで、友達と遊びに行けなくなったピートはご機嫌斜め。

 不機嫌なピートを見たお父さん、ピートを慰めようと「なにかいい手はないかな」と考え付いたのが……そうだ、ピートをピッツァにしてみよう!!

さあ、ピートをテーブルに運んで、楽しいクッキングの始まり始まり~。

 

 

この絵本の何が面白いって、タイトルが「ピッツァぼうや」なのに、肝心の本物のピッツァは一切出てこない事!

さぞ美味しいピッツァが出てくるグルメ絵本だろうと期待して購入したのに、まさかのタイトル詐欺ですよ。

でも、まーったくピッツァが出てこないのに、焼き立て熱々ピッツァの事がこんなにも思い浮かぶ楽しい絵本なんて、他にちょっとないんじゃないでしょうか。

 

お子さんのいらっしゃるご家庭にて、小さな子供を食べ物に例える事ってありませんか?

我が家の場合、ちびっ子兄弟が赤ちゃんの頃から、「おまんじゅうちゃん」「あんぱんちゃん」「マシュマロちゃん」などと呼んで、「おや、こんな美味しそうなおまんじゅうは食べちゃおう!」と、ほっぺやお腹を食べるごっこ遊びをしています。

7歳長男も5歳次男も満面の笑顔で「もう1回!」とねだる鉄板の遊び。

そんな親子のたわいない親密なコミュニケーションを絵本にしたのが「ピッツァぼうや」です。

 

お父さんがムスッとした顔の息子を笑顔にしようと、ピッツァに見立てて、紙切れのチーズを乗せたり、ソファで焼いてみたり、カットしてみようとしたり、逃げ出したピッツァを追いかけたり。

傍らには、それを優しい眼差しで微笑んで見守るお母さん。

ご機嫌斜めだったピートがどうなったかは、表紙を見れば一目瞭然です。

 

読んでいて思わずフフッとなる、ありふれた親子の姿。

国や言葉、文化が違っても、親子の愛情に変わりはないんですよね。

国境も人種も超えて、絵本が教えてくれる遠い国の家族の団欒には、ほっこりと温かい気持ちになります。

 

 

この絵本、作者の故ウィリアム・スタイグさんが90歳の御年で描いてるんですよ。

スタイグさんは、アニメ映画「シュレック」の原作者としても有名な方です。

 

 

90歳でも現役だったとはすごい話ですよね~。

発想の柔らかささ、茶目っ気のある遊び心、親子の幸せなコミュニケーションをおおらかに描く筆致……なにより、こーんな温かい絵本を出版しようとする姿勢が素晴らしいっ。

山も谷もないけれど、何度読んでも飽きない、皆に愛される温かくてシンプルなピッツァみたいな絵本。

私もこんな感性の若い90歳になってみたいなー。

 
 

ちなみに、目の前にない概念を連想・思考できるのは、動物の中でも人間独自の能力なんだとか(一部類人猿も多少は獲得しているという説もありますけどネ)。

この絵本はまさに「本物のピッツァ」ではなく、「ピッツァという概念」を主軸にしているので、この面白さを理解できるのは、人間である証拠!

生まれたばかりは動物に近い存在の赤ちゃんが、抽象的な思考能力が発達して、「人間」へと成長してきた事がはっきりする3歳以降に読むのがぜひおすすめです。

 

 我が家の読み聞かせ

我が家のちびっ子兄弟はピッツァぼうやごっこをするのが大好き!

 夜寝る前にこの絵本を読んだら、2人をピッツァにするのはお約束です。

 お腹や頭にトマトやチーズを乗せるふりをして、お布団というオーブンへ運んで、掛布団というオーブンの蓋を閉めて、さあ焼きましょう~、とやると大はしゃぎ。

 むしろ、はしゃぎ過ぎてその後なかなか寝付かないので、ちょっと困るくらいですが、親子でピッツァぼうやごっこをするのは楽しいですよ~。

このごっこ遊びは、年齢が3歳でも5歳でも7歳でも、大喜び。

ぜひ、読み聞かせとセットで遊んでみてくださいね。

 

なお、この絵本を読むと食欲がわくのか、「今日はピッツァをたべたいよー」とせがまれる率高し……節約をしたいこちらとしては「また今度ねー」と躱すのに必死です。

お腹が空いている時間帯は避けて、満腹のタイミングで読むのをお勧めします。 

あ、ピッツァを食べた日はもちろん読み聞かせは「ピッツァぼうや」で決まり!

 

まとめ

惜しむらくはこんなに素敵な絵本なのに、今は新品を入手しづらい事……なぜなんでしょう、印象がちょっと地味なのかなあ~。

絵本って相当のロングセラーや人気作でないと、すぐに絶版になったり、販売終了になっちゃうんですよね。

出版社も商売ですから、利益を出さないといけませんし、少子化の影響もある狭い業界ですから、仕方ないとは思うんですけど……もったいない!

でも、古本屋や図書館では結構見かけますので、ぜひ手に取ってみてください。

 

 読んだら必ず親子で真似をしたくなるユーモアたっぷりの1冊。

もう1回ならぬ、もう1枚、とお代わりしたくなること間違いなしですよ。

 

 

【作品情報】

  • 題 名  ピッツァぼうや
  • 作 者  ウィリアム・スタイグ
  • 訳 者  木坂涼
  • 出版社  らんか社
  • 出版年  2000年
  • 税込価格 1,500円
  • ページ数 32ページ
  • 我が家で主に読んでいた年齢 4~5歳(ピッツァを食べた経験があれば面白さ倍増!)