絵本むすび

ちびっ子兄弟へ贈る絵本・児童書の読み聞かせブログ

絵本むすび

絵本『やさしいライオン』親子の愛を巡る悲しく切ない物語

スポンサーリンク

みなしごのライオン「ブルブル」と母親代わりの犬「ムクムク」の母子の愛の物語。

ホッコリ系絵本かと思いきや……種を超えた母子の愛と絆、暴力のむごさと悲しさまで、1冊にギュギュッと詰まってます。

衝撃の結末は涙なくして読めません、どうぞハンカチをご用意くださいませ。

 

 

絵本の紹介

動物園で親を亡くした子ライオンのブルブルは、お母さん代わりの犬ムクムクに育てられて、やさしいライオンへと成長します。

大人になったブルブルはムクムクと離れ離れになり、今やサーカスの人気者。

でも、ブルブルが毎夜思いを馳せるのは、ムクムクの優しい子守歌。

あれ、遠くからムクムクの歌声が聞こえる……??

 

 

 

作者はパン業界のスーパーヒーロー、「アンパンマン」でご存じのやなせたかしさん。

日本でアンパンマンのアニメを見た事がない子供は少数派、というくらいの人気者ですよね(ちなみに下のアンパンマン映画は、この絵本のブルブルをモデルにしたオリジナルキャラクター、ライオンの子供のブルブルが出てきますよ)。

 

 

そのやなせさんが描く、目がキュルンとした愛嬌のある子ライオンと慈愛に満ちた優しい顔のお母さん犬がよりそう姿。

ウフフ、どんな微笑ましいお話なんだろう~、と和やかに読み聞かせをしたら……完全なる不意打ちを喰らいました。

ラストページの切なさ、遣り切れなさと言ったら……ブ、ブルブルーッ!!

産後に涙腺がめっきり弱くなった私は、初見で読んだ時はもう完全に涙声。

ほんわかした絵とは裏腹に、なんて胸が締め付けられるお話なんでしょう……思い出すだけでもウルッときます。

 

「母」であるムクムクに会いたい一心で、町を走り抜けて逃亡するブルブルの後ろに追手として放たれるのは、銃を担いだ兵隊達。

抗えぬ運命に翻弄されるライオンとしての一生は、人間に飼われているが故。

ムクムクとの出会いと別れ、再会の顛末の全ても、人間に飼われていたが故。

ブルブルの喜びも悲しみも、結局は全て人間が原因となっている……でも、ブルブル自身は最期まで誰を傷つける事もなく、再会したムクムクを抱きしめたまま、追ってきた兵隊が向ける銃口の前でも抵抗はしません。

とことん人間に振り回された一生だったとしても、ブルブルの心はブルブルだけのもの。

雪の中で抱き合うブルブルとムクムクの場面では、2匹の尻尾がしっかりと絡まりあっているんです。

もう絶対に離れない、ずっと一緒にいるよ、と尻尾に語らせるやなせさん。

ブルブルは最後の最後に、大好きなムクムクと一緒にいられる自由を得たんですね。

 

まさか、こんなにほっこりした挿絵の絵本で、人間の業の深さが垣間見えるとは……テレビの強く正しく明るい「アンパンマン」に慣れ過ぎて、油断してましたよ。

そうでした、本来のやなせさんは絵本に人間の綺麗な部分も汚い部分もちょいちょい織り込んでくる方でしたね……いやー、ちょっと軽く見てました、反省です。

 

 

そういえば、悲劇の予兆は読む前からありました。 

絵はのびやかでチャーミング、ブルブル達の目はまつ毛バシバシでキラッキラ、とっても可愛いんですけど、この色使いがね……ノスタルジーを掻き立てるというよりも、不安を掻き立てるんですよ。

たとえば、この表紙は夕焼け空を連想するピンクと鮮やかな水色の対比。

なんでしょうね、ピンクは本来幸福なイメージのはずなのに、少し紫が入るせいなのか、この色の組み合わせに感じる不安は……。

夕日に照らされる2匹の仲睦まじい姿に差す逆行の影にも、不穏な気配を感じます。

 

ページをめくっても、太陽のさんさんとした明るい光が描かれるのが少ないんですよ。

ブルブルとムクムクの出会いこそ青空の気配がありますけど、ほとんど夕暮れや夜の月明り、電気がもたらす人工の光ばかり……次に太陽の日差しが降り注ぐのは、ブルブルとムクムクが再会したわずかな時間だけなんですよね。

2匹にとって、未来への憂いもなく、青空の下で過ごせるのは幼い頃、それと一緒にいる自由を永遠に得た時だけだったのかな。

更に、キャンバス、もしくは目の粗い布か何かに描かれているようなタッチが、この絵本に独特の表情を出していて、まるでライオンの脳裏に浮かぶ走馬灯を共に見ているかのような錯覚を覚えます。

そう、やなせさんは言葉ではなく、絵の中にこのお話の結末を示唆する要素を沢山散りばめているんですね。

これは、文章だけでなく、視覚での情報を盛り込める絵本ならでは。

文字を読めない幼児にも、絵でメッセージを沢山送っているんです。

 

 

ブルブルを追う兵隊の描き方も、近年の絵本にはない影がありますね。

兵隊は仕事として、町の人々を守らなければなりません。

ブルブルがどんなに優しいライオンだとしても、それを知らぬ人々からすれば、見た目はただのライオン、つまり猛獣。

その猛獣が檻の外へ逃げ出した以上、もしかしたら他に方策はなかった末の決断なのかもしれません。

でも、どんな事情や葛藤があったとしても、暴力とは、振るわれる側にとっては理不尽極まりないものです。

隊長が号令する「うて!」という言葉が、目の前の命を切り捨てる恐ろしさ。

町には平和が戻ったかもしれませんが、戻らないものがある。

やなせさんのすごい所は、この絵本をお涙頂戴ストーリーに終わらせずに、暴力への警鐘、人間のエゴを子供に突き付けてくる事にあります。

 

もし、この絵本を手に取る機会がありましたら、 表紙裏の見開きをご覧くださいね。

ブルブルの無邪気な子供時代の姿が沢山描かれているのが、本編を読んだ後にこれまた心にグサグサ刺さる事、刺さる事……。

子ライオンの表情が幸福に満ちて愛らしいほど、悲劇がより際立つ仕掛け。

やなせさん、なんてエグい仕掛けをしてくれたんでしょうか。

 

 

我が家の読み聞かせ

我が家のちびっ子兄弟、いつも「ライオンはどうしちゃったの?」と質問責め。

そりゃそうでしょうね、ピストルで撃たれたらどうなるかすら、本当の意味でよくわかっていない頃の子供にとっては、2匹の身に一体何が起こったのか、理解しきれないのは当然です。

が、私としては、絵本の解釈は子供でも大人でも個人に任せるべきと考えているので、物理的・科学的な事実については伝えても、心情などの細かい説明はしていません。

読んだものをどう受け止めるか、自分の中から汲みだすべきで、人に与えられた意見や解釈では心の成長を促せないと考えているからです。

疑問が疑問のまま終わったとしても、それはそれで意義がある事。

さあ、果たして息子達がこの絵本が描いたものの真の意味を理解できるのは何才でしょうね?

成長して、「そういえば、あの絵本……」と思い返してくれたら、読み聞かせた私としては本望なのですが。

 

あ、読み聞かせ初回にはオイオイ泣いた私でしたが、一応それからは読み聞かせする時はグッと涙をこらえて、平静に聞こえるように読み上げています。

でも、ちゃんと気合をいれておかないと、すぐに涙声になってしまいますけどね。

この絵本、親目線で読むと本当に……ううっ。

なお、絵本の最後には「ブルブルの子守歌」の楽譜(伴奏付き)が載っています。

もし、ご自宅で演奏できるようでしたら、弾いてみてくださいね。

ブルブルが小さなライオンのあかちゃんへ子守歌を歌う場面、このメロディに乗せて歌ってあげると、より沁みるものになりますよ。

 

 

まとめ

表紙に描かれる、ブルブルの「お母さん大好き」が溢れる笑顔とムクムクの心から愛おしみ慈しむ眼差し。

この仲の良い親子が穏やかな日常を過ごせる幸福、その幸福を簡単に壊すことのできる暴力の恐ろしさよ……。

やなせさんが贈る、深い深ーい絵本。

読んだ後に皆様が抱く想いはどんなものなのか、聞いてみたいです。

 

 

【作品情報】

  • 題 名  やさしいライオン
  • 作 者  やなせたかし
  • 出版社  フレーベル館
  • 出版年  1975年
  • 税込価格 968円
  • ページ数 約32ページ
  • 我が家で主に読んでいた年齢 4~6歳(次男5歳頃に「かわいそう!」と憤慨)