絵本むすび

ちびっ子兄弟へ贈る絵本・児童書の読み聞かせブログ

絵本むすび

絵本『おだんごスープ』大切な人を亡くした悲しみから立ち直る為に

スポンサーリンク

大切な人を失った悲しみから立ち上がる。

とても難しいですよね。

ぽっかりと穴が空いてしまった心、その心を抱えてこれから生きていかなければいけない……でも、どうやって?

これは、とある老夫婦の思い出の味おだんごスープを通して、「死」、そして残された者のこれからの人生を描いた絵本。

文章と絵の両面から丁寧に描写された心の機微を大人の皆様もぜひご覧ください。 

 

 

絵本の紹介

おばあさんが亡くなってからというもの、何もする元気がないおじいさん。

今日もただ椅子から立ち上がる事もなく、ひとりぼっちの一日が終わります。

そんな中、ふと思い出す、おばあさんが作ってくれたおだんごスープの味。

ああ、あのおだんごスープをまた食べたいな……。 

 

 

 

この絵本をめくって最初のページは、見るからに陰鬱な部屋から始まります。

おじいさんが一日座って過ごす部屋は、暖炉の火が消えて薄暗く、花瓶の花は枯れて、床にはパンの袋とミルクの瓶が転がったまま……。

おばあさんの定位置だったと思しき、花柄のクッションを乗せた椅子と傍らに置かれた編み物カゴはそのまま時間が止まったようですが、主が戻る事はなく、室内には寒々しい澱んだ空気が漂います。

 

生きている以上、いつかは必ず誰しもが家族や友人の誰かしらを失う定めにあるとはいえ、苦楽を共にしてきた長年の伴侶たるおばあさんに先立たれたおじいさんの悲嘆と孤独……まだ伴侶を失った事のない私には想像もつかぬ喪失が、部屋の有様にまざまざと表れていて、その心を真に表現するような言葉は見つかりません。

 

 

力なく座り込む時間を過ごすだけのおじいさんの時間を動かす転機となったのは、おばあさんが作ってくれたおだんごスープの思い出。

またあの味が食べたいとふと思い立ち、おばあさんが口ずさんでいた「おだんごスープの歌」の記憶を辿りながら料理をしてみるおじいさんの元へ、毎日小さな訪問者が現れます。

この思い出のスープ作りを通して立ち直っていく描写が見事!

 

まさに食べる事は生きる事、誰かと囲む食卓は人生の喜び。

食事とは、ただ物を食べて栄養を摂取するだけの行為ではないんですよね。

食を共にする事で、身体的な距離が近くなるだけではなく、心と心が交わり、人間関係を築いていくのが、人にとっての食事。

ひとりぼっちだったおじいさんに、おだんごスープを通して、いくつもの出会いが訪れ、心に変化が表れる様がまるで映画かドラマを見ているようです。

 

 

作中には、おじいさんを直接慰める台詞も文章もありません。

おじいさんの心境の変化を具体的に綴る事はなく、物語の流れで表現している為、人生経験の浅い子供には、文章だけで読み取るのは難しいでしょうね。

けれど、言葉では語らずとも、絵本は他ならぬ絵で心境の変化を細やかに表現できるのが強みだと、本作では実感できますよ。

 

 

そもそも、この絵本、おじいさんの家の中から視点が動くことはありません。

出てくるのは、居間、そして玄関と繋がった台所兼食堂の2部屋だけ。

しかし、この2部屋の描写がすごいのです!

訪問者が増えていくたびに、荒れ果てた部屋に段々温かな光がさして明るくなっていき、散らかったものが片付けられていき、花瓶から枯れた花が片付けられて、ピンクの薔薇が生けられる様子は、まさにおじいさんの心に光が射していく様を表していますね。

同時に、おじいさんの顔も、無気力な表情から、段々と目に力が戻り、ぎごちない笑みがごく自然な笑顔へと変わっていきます。

おばあさんとの過去を振り返って嘆くだけだったおじいさんが、おばあさんとの思い出を糧にして、明日が訪れる事を待ちきれない思いで楽しみにする姿、未来を向いていく姿には心打たれるものがありますよ。

 

 

私が特に感動するのは、ラストのおじいさんと椅子を巡る描写です。

おじいさんが食卓を囲む皆に呼ばれるんですが、満席なので、テーブルには座る席がありません。

そこで、おじいさんは隣の居間から、おばあさんの椅子を運び、そして座るんですよ。

 

おばあさんが亡くなってから、ずっと誰も座る事もなかった椅子。

おじいさんにとって、その椅子はおばあさんの存在を象徴する特別な椅子。

その椅子を動かして、おじいさん自身が座った時、ああ、おばあさんの死によって止まっていた時間が今完全に動き出したんだな、と感じ入りました。

自分を必要としてくれる誰かがいるという事実が人間の寂寥と孤独を癒すのは、万人にも通じるのかもしれませんね。

 

 

おばあさんがどんな女性でどんな人生を過ごしてきたかは、文中で具体的に語られる事は一切ありません。

それでも、おばあさんの人柄が偲ばれる

花模様や市松模が好きで、ピンク色が好きで、編み物が好き。

日々の生活の中で花を生け、台所を綺麗に片づけて、得意料理はおだんごスープ。

料理中に口ずさんでいた自作の歌には、茶目っ気がありますね。

おじいさんへ優しく微笑みかけるおばあさんの存在が、見えないけれども物語の根底に感じられる……この絵本の深さには、本当に感嘆します。

 

 

文章は、ジブリ映画の原作にもなった児童文学「魔女の宅急便」で有名な物語の名手、角野栄子さん。

細かな説明や具体的な描写はなくとも、人の心の動きを描き出す手腕はさすがです。

でも、私がこの絵本で特に感銘を受けたのは、市川里美さんの絵による繊細な描写!

私は市川里美さんの事をこの絵本で初めて知りました。

 

前述したおじいさんの心境の変化を細やかに描く手腕も素晴らしいですし、全体的なセンスがどことなく日本人離れしていて、最初は海外の絵本作家さんかと思っていたんですよ。

絵本の中に出てくるファブリックやインテリア、雑貨やファッションに至るまで、その色使いやセンスが、日本人の絵本作家さんが描きがちなタイプとは一味違って、お洒落。

それでいて、妙にリアルな生活の匂いも感じるのです。

様々な人種の子供達が出てくるのですけれど、その表情や動きなどもごく自然。

どこの国の方かしら、海外モノにしては絵がクドくないと思ったら、日本人名……??

 

調べてみたら、岐阜県大垣市出身で、1971年からパリに移住し、そのままパリで現在に至るまで作家活動をしていらっしゃる方なんだとか。

あ~、道理でリアリティがある訳ですね。

センスについても、これがパリの水に洗われるって事なのかな……なんて、考えるのはミーハー過ぎるでしょうか?

市川里美さんの絵に注目して読んでみるのも、ぜひオススメします。

 

 

我が家の読み聞せ 

この絵本、我が家のちびっ子兄弟に読み聞かせてはいますが、子供の頃には真の意味で理解する事はできないでしょう。

そもそも、息子達は「死」に触れた事がありません。

テレビや本では「死」について読んで知っているし、アリを踏んでしまったり、ミミズが干からびているのを見た事はあっても、同じ人間の「死」、身近な人の「死」にはまだ無縁。

ですから、この絵本に描かれているおばあさんという存在の消失、おじいさんの喪失は、彼らにとってはどこか遠い国の絵空事に過ぎないのです。

 

でも、絵本は記憶には残らずとも、心の奥底に眠るもの。

いつか大人になった時、いつか身近な人の「死」に行き合った時……この絵本に描かれたおじいさんとおだんごスープのお話が息子達の力になってくれればそれでいい、と私は考えています

 

とりあえず、今の彼らに感想を聞いてみたところ、「おじいさんのおだんごスープ美味しそう、食べに行きたい!」「みんなが遊びに来てくれて楽しそうだね!」ですって。

うん、今はそれで充分!

おだんごスープ、家でも似た感じのを作ってみようね~。


 

まとめ

食が人生にもたらす豊かさと幸福の象徴が、おじいさんにとってのおだんごスープ。

おばあさんはもういなくなってしまったけれど、その思い出はおじいさんと世界を繋ぐ大切なモノとして、おじいさんをこれから支えていくんでしょうね。

絵本を読み終わって考えるのは、私にとっての「おだんごスープ」、息子達にとっての「おだんごスープ」は何になるのかなあ……という事。

 

さて、皆様の思い出の味は何ですか?

 

 

【作品情報】

  • 題 名  おだんごスープ
  • 作 者  角野栄子(文)・市川里美(絵)
  • 出版社  偕成社
  • 出版年  1997年
  • 税込価格 1,540円
  • ページ数 32ページ
  • 我が家で主に読んでいた年齢 4~6歳(大人にもオススメ)